<< buffalo HD-CBU2で1.5Tもあるはずなのに・・・ | main |

IT起業の成功例にある『2つの道』

IT起業の成功例には2つの道.

ギーク出身のIT起業家、
堀江さん、笠原さん、GREE田中さん、マーク・ザッカーバーグなど
ギーク出身経営者がスーツ的要素を取り入れて成功した例。

一方、非技術者が成功している例。
孫正義、藤田晋(営業に強み)、三木谷浩史(MBA)、DeNA南場氏(MBA)、
エニグモ、教えてgoo兼本などです。
ギークを外部から連れてきて成功しています。

「メリットを考えれば自分で技術を覚えるべきだ」という
堀江さんのご意見はごもっともだと思うのですが、ITビジネスはスピードだと思いますし、
藤田さんや南場さん三木谷さんがのろのろ技術を覚えてから起業していたら
今ごろサイバーエージェントも楽天もモバゲーも存在していないと。

上記踏まえ

1、ギーク(プログラマ、エンジニア)を
一年間顧問として自社に雇うには、どの程度の資金が必要ですか?
(dan kogaiほど優秀でなくても構いません)

2、技術者を雇う場合でも、
やはり経営者は一通り自分でもPerlやLinuxなど技術を覚えておくべきなのか、
それとも自分は経営や営業に徹し優秀なギークを外部からつれてくるべきか?

いずれが得策?
http://q.hatena.ne.jp/1277306188
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
miteyo
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • (女性限定)ハンカチ王子が使っていたハンカチがオークションに出ていたら、いくらなら買いますか?
    minnminn (11/10)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM