<< ユニークなユーザインターフェース | main | WEBサーバを構築するための書籍 >>

ウェブサイト製作の技術上の原則について思うところ

ウェブ制作会社にお勤めの方におたずねします。

この文書は採用希望者が弊社に小論文として提出したものです。何か興味深いのですが、頭でっかちのような気もします。皆様なら、入社試験であるとして、10点満点で何点与えますか? また、その点数である理由も教えて下さい。

問:ウェブサイト製作の技術上の原則について思うところを短く論じて下さい。

答:現在、HTMLがインターネットにおける情報共有の基礎となっている。perlによるCGI、php、JavaScript、これらはすべて、 HTMLを合成・提示し、またインターフェイスとして用いることを目的としたものである。私は、このHTMLに基づく情報共有という状態が、これから先半永久的に続くと見積もる。インターネット発生時代から現在まで、その普及率に基づいて見ると、ポストHTMLはその萌芽さえ見られたことがない。ただし、バージョンアップをも勘案するならば、XHTMLがそれに挙げられると考える。したがって、(X)HTMLを基礎として、それに追加してゆく形で、他の技術を選択使用してゆくべきである。
http://q.hatena.ne.jp/1210717761
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
miteyo
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • (女性限定)ハンカチ王子が使っていたハンカチがオークションに出ていたら、いくらなら買いますか?
    minnminn (11/10)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM